つまらない位の習い事で一番多いのは取り敢えずピア

つまらない位の習い事で一番多いのは取り敢えずピアノではないでしょうか。しかしながら、そのピアノを絶えず続けている顧客は結構いません。かく言う私もその独力。最後にピアノに触ったのはたしか中学のあたりだと思いますが、それから20階級程度ピアノから遠ざかっていました。だが大人になっていよいよ何か楽器を弾きたい、という憧憬が強くなり、元来小さい位に慣れ親しんですピアノの稽古を続開することにしました。大人になってからピアノを習う上でいいな、ということは、さすが気持ちがしっかりしているということです。昔は両親に言われていやいや通っていたピアノ稽古も、大人になって自分の着想で伺う限り、やはり稽古代金も自分で払うわけですから、本当に勉学をしようとおもうわけです。実際、テクニカルな面では幼い頃の自身を超えることは相当難しいかもしれません。でも昔は難しかった曲への考えが深まり、階級を経て私についた表現力で、また異なる角度からチャレンジできるおもしろさがあります。マイナチュレ